忍者ブログ
日本初?「カウンセリング落語」のボランティアをしています
最新コメント
[01/28 おさし身]
[01/27 日暮里]
[01/26 浪川佳代]
[12/30 いごろ]
[09/20 日暮里]
お問い合わせ
ボランティアの依頼など、お問い合わせはこちらからどうぞ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



日暮里 「目黒のさんま」
愚楽  「本膳〜松山鏡」・「親子酒」
憂世  「仏さまの種」
おさし身「厩火事」

(順不同)


こちらも愚楽兄さんの奮闘で実現した企画。大磯にある子どものホスピス(予定地)でのボランティア寄席です。
→子どものホスピス

私もこれまで、「日本には子どものホスピスがない」なんて知りませんでした。
落語を通していろいろな世界につながっていくのは、なんだか不思議に思います。
「カウンセリング+落語」ということを意識しているからこそ、なんでしょうか?

さて当日はクリスマス!というのに4名のメンバーが集まりまして、1時間半ばかり電車に揺られて大磯へ。
子どものホスピス予定地である大磯の施設を地域の方に開放して、いろいろなイベントを行う地域交流会が開催されるというお話で、私たちもそのイベントのひとつとして「大磯寄席」をやらせていただきます。

この大磯の施設がとってもステキなところだったんです!
緑がいっぱいで、眺めもよくて、こんなところでしばらくのんびり過ごせたら、子どもたちにとってもすごくいい思い出になるんじゃないかな、なんて思いました。

しかし当日はものすごく寒くて、落語のために浴衣に着替えると、当たり前ですがますます寒いw
「こんなに寒いと落語も寒くなっちゃう」なんて冗談を言いつつ、小さなホールでの大磯寄席がスタート。
子ども連れのご家族を中心に、20人くらいの方がいらしてたかと思います。
落語をやってる間はまだマシで、出番を待ってる間がまた寒かったんですが、あったか〜いお客さんたちに励まされ、なんとか落語を終えることができました。

「面白かったら、おひねり代わりに少し入れてくださいね〜」とお願いした募金箱にもご協力をいただき、つたない芸でも少しは喜んでいただけたかしら、子どものホスピス実現に向けてお役に立てたかしら、と思いました。

でも、いつも一番に思うのは、落語をやる場を与えてくれてありがとう!という気持ちです。
大磯のみなさん、ありがとうございました!


おさし身



コメント
お名前
題名
メール
コメント

Copyright © カウンセリング落語ボランティア 日暮亭blog All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]
PR