忍者ブログ
日本初?「カウンセリング落語」のボランティアをしています
最新コメント
[01/28 おさし身]
[01/27 日暮里]
[01/26 浪川佳代]
[12/30 いごろ]
[09/20 日暮里]
お問い合わせ
ボランティアの依頼など、お問い合わせはこちらからどうぞ
日暮里 「金明竹」
憂世  「新作:ほとけの子」
おさし身「転宅」
愚楽  「松山鏡」
(出演順)

いやーん、レポート書くのが追いつかなーい!
うれしい悲鳴をあげつつ行ってきたのは、たいとう診療所のいまここ寄席。
憂世姉さんのご縁をいただきまして、毎年のように寄らせていただいております。

お馴染みの方も増えまして、高座に声をかけてくださるのがうれしいやら、ときどき困っちゃうやらなのですw


ハナはノロから回復の日暮里兄さん。元気いっぱいの「金明竹」です。
自分でも、「やってて一番楽しい」と言ってるだけのことはあって、実に楽しそうにニセ関西人になりきっておりましたw
この日はマイクなしだったんですが、スタッフの方が「あら?マイク用意してたっけ?」と勘違いしたくらいの声で、大いにわかせてくれました。

二番手は憂世姉さんの「ほとけの子」。
「ありていに言うと幼稚園の先生なんでござんす」(ござんすとは言ってないかw)
と自己紹介すると、みんな「ほほ〜〜〜っ」となるんです。
これはつまり、幼稚園の先生には見えない!幼稚園の先生にしておくのはもったいない!たぬきの仲間に入れてもいいくらいだ!ってそれじゃたぬ札だ。
ともあれ、いつも通りの安定感で、最後はバシシ!と決めてくれました。

お次はわたくしおさし身が先日に引き続き「転宅」でございます。
いやー、途中ちょっと飛ばしちゃったんですけどね、ちょっと時間が長くなりそうだったもんで、端折れるところは端折ろうなんて欲をかいたのがいけないんですよ。
まだまだ稽古が足りないこの噺ですが、一番前のお兄さんにおほめいただいて、とってもうれしかったです☆

自分の写真を撮るの忘れたので、うちのうさぎの写真でお茶を濁します・・・w


はい、そしてトリはいつもの愚楽兄さん。「松山鏡」の出番です。
いつもやってる鏡のマクラでは、「えーー」「見えない」「目が悪いんじゃないか」と口々に声がかかって兄さんも苦笑してましたが、つかみはバッチリでございました。
そしていつも以上の熱演!というより、いつも以上の顔芸!?
実に、聴いて楽しく、見てなお楽しい「松山鏡」でございました。


さて3月はもう一ヶ所、これから行って参りまーす。

・・・っと書いてからだいぶ時間が経ちましたが、ようやく写真を追加しました〜。
けっこういい感じに撮れてるでしょ??


おさし身



コメント
お名前
題名
メール
コメント

Copyright © カウンセリング落語ボランティア 日暮亭blog All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]
PR